10 5月

異性を無理やり振り向かせようとするのは逆効果です

これは当たり前のことだからみんながわかっている……と見せかけて、実際に異性とお付き合いすることを考えた際、どうしても「自分のことを好きになってほしい」という気持ちが強くなりすぎて、その結果、自分でも気が付かないうちに異性を無理やり振り向かせようとするような言動をとってしまっているという人が多いのです。

誰もが、頭の中では「強引なコミュニケーションの取り方をしてはいけない」ということをわかってはいるはずなのですが、それでもついつい自分でも無意識のうちに強引に迫ってしまうものなのです。

男性でも女性でも、強引に迫られた方が好きという人もいるのですが、強引に迫られてうれしいのは、あくまで「自分に好意を持ってくれている相手のことを自分も同じように好意を持っている」という場合だけです。その場合、特に内気な性格で悩んでいる人などは、性別に関係なく、自分から積極的に行かなくても相手が積極的に迫ってくれるというのでうれしいと感じるわけなのです。でも、私の感覚ではそういう幸せな恋が発生する確率ってすごく低いように思うんですよね。

私もずいぶんと長い間出会い系サイトを利用し続けています。それはもちろん、異性とのメールのやり取りが楽しいからこそずっと利用し続けているわけです。出会い系サイトを利用してもなかなかいいことばかりが起こるわけではないということくらいは感覚的によく分かっています。

むしろ出会い系サイトは人生と同じで、良いことが三割くらいで悪いことが七割くらいというのが普通です。よい出会いを実現させるために、本当に運に左右されてしまう部分もたくさんあります。だからまず私の場合は、出会い系サイトを利用して何が何でも素敵な出会いを実現させたいというふうにがつがつ焦りすぎる気持ちを抑えるようにして、あまり高望みをしないようにしています。

焦りすぎると、せっかくの素敵な出会いのチャンスを逃す結果につながります。出会い系サイトを利用しても、なかなか素敵な出会いのチャンスはゲットできないのが普通というふうに考えると、異性に対して「強引に振り向かせるようなコミュニケーションの取り方」をする機会も少なくなってくるように思います。

高望みをしないというのは難しいことですが、高望みをするとどうしても、相手に対してがつがつ迫るような感情が芽生えてしまうので、くれぐれも注意が必要です。

2016年人気急上昇中の注目アプリ→出会アプリ line